お知らせ

2017.07.31 【NEWS】9月10日開催第26回ツキイチカフェ「子どもたちの声を受けとめて」~チャイルドライン京都の実施から~

9月のツキイチカフェのゲストは、子どもたちを自殺にまで追い込んでいるいじめ問題や子どもの貧困問題に向き合い、子どもたちの叫びを正面から受け止めているチルドライン京都の外村理事長です。現場の状況、課題について率直なお話をお聞きしたいと思います。

 

テーマ:子どもたちの声を受けとめて

~チャイルドライン京都の実施から~

チャイルドラインは18歳までの子ども専用電話です。チャイルドライン開設の思い、チャイルドラインの概要はじめ、子どもたちの利用状況、子どもたちの声、思いをお伝えできればと考えています。

チャイルドラインの経験から子どもたちの声を聴くことにどのような意味があるのか?そしてどのように子どもたちの声を受けとめているのか?そんなお話ができればと思っています。ボランティア養成講座のご案内もさせて頂きます。〔外村 まき〕

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/51797053.html

2017.03.25 【NEWS】5月14日開催第23回ツキイチカフェ「インド・おばちゃん信金を通じた本音の支援しない支援」

テーマ:「インド・おばちゃん信金を通じた本音の支援しない支援」

 

経済第一主義が作り出す、ほんの一握りの「勝ち組」と大多数の「負け組」———超格差社会。

しかし勝ち組でも、負け組でもない「おまけ組」とも呼ぶべきもう一つの道を選んだ南インドのおばちゃんたちがいる。彼女たちの小さな取り組みが教えてくれるものとは?

国際協力NGO「ムラのミライ」の一員として彼女たちと活動を共にした『南国港町おばちゃん信金』著者の原康子さんに、自ら「思い出すのも恥ずかしい」数々の失敗話を交え、「共生」「支え合い」「支援しない技術=対話型ファシリテーション」についてご紹介いただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/50929221.html

 

 

2017.02.06 【NEWS】3月4日開催第21回ツキイチカフェ「災害時の広域避難を考える~東日本大震災避難者支援の現場から~」

テーマ:「災害時の広域避難を考える~東日本大震災避難者支援の現場から~」

 

東日本大震災の影響で京都に避難している方々は、現在600人。最初は1200人ともいわれていました。この6年間、この数の変遷には、どんな背景があり、どんな決断があったのでしょうか。そして、私たちはそこから何を学ぶべきなのでしょうか?地震や津波だけじゃない。原発だけでもない。避難者の苦しみは、人の気持ちの問題や、行政や法律の壁だったりもします。避難者支援の現場から、今後想定される災害時広域避難の問題について考えてみたいと思います。〔大塚 茜〕

詳しくはこちらをご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/50564877.html

2017.01.06 【NEWS】2月4日開催第20回ツキイチカフェ「知るところから始まる 協力・共生」~フィリピン・スモーキーマウンテンの子供たちと日本の障害児への支援~

テーマ:「知るところから始まる 協力・共生」

~フィリピン・スモーキーマウンテンの子供たちへの支援と日本の障害児への支援を通じて~

 

2005年、NGOが主催するフィリピンのスタディーツアーに友人と参加。それをきっかけに、それまで全く興味のなかった貧困問題にどっぷりのめりこみ、以来、貧困地区の現状を伝える開発教育事業やスモーキーマウンテン住民の生活支援事業に関わる。

大学卒業後は、高校教師になることを夢見ていたが、縁あって知的障害児を教育する特別支援学校に非正規採用。貧困問題と同時に特別支援教育にもどっぷりのめりこむ。

知的障害ってなんなのか、働きながら国際協力をするのはなぜなのか、きっかけや、活動への思いをお話しします。〔杉山 遼〕

詳しくは、こちらをご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/50382821.html

2016.12.25 【NEWS】4/16ドキュメンタリー映画『あい~精神障害と向きあって』京都地区上映会のご案内

フェア・プラスは、来る4月16日(日)ドキュメンタリー映画『あい~精神障害と向き合って~』京都地区上映会を、ひとまち交流館大会議室で開催致します。

 

精神障害に対する社会の偏見・差別は、今日も根強いものがありますが、その一因は障がいに対する無知、無理解からくるものと思われます。

NPO法人フェア・プラスは、ドキュメンタリー映画『あい~精神障害と向き合って~』京都地区上映会を、生活を困難にしている「障害」とは何かに目を向け、わたしたち自身の生活と社会のありようを考え、誰もが生きやすい寛容な地域社会をつくっていく一助になればと願い開催することと致しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/50269783.html

 

2016.12.09 【NEWS】1月14日開催第19回ツキイチカフェ「フェアトレードと障害者問題への取り組みを考える」

「フェアトレードと障害者問題への取り組みを考える~ツキイチカフェのこれまでとこれから~」をテーマに、河西がこれまでのフェア・プラスの活動や今後の計画をお話させて頂き、ツキイチカフェ参加者のみなさんと交流させて頂きます。

また4月16日(日)に京都上映会を行いますドキュメンタリー映画「あい~精神障害と向きあって」のプロモーションビデオの上映をいます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/50169185.html

 

2016.12.09 【NEWS】12月23日開催『貿易ゲーム Advanced』(ワン・ワールド・フェスティバルfor youth)

NPO法人フェア・プラスは、京都大学フェアトレードサークル「まなびやハチドリ」との共催で、12月23日「ワン・ワールド・フェスティバルfor youth」に出展、ワークショップ:『貿易ゲーム Advanced』を開催します。

詳細は、こちらをご覧ください。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/50155858.html

2016.11.02 【NEWS】12月3日開催 第18回ツキイチカフェ「狩猟の持続可能性を求めて」

テーマ:「狩猟の持続可能性を求めて」

2012年から同志社大学院にて持続可能な狩猟をテーマに狩猟者として実践研究を始める。きっかけは、ある人材育成機関で食農分野に触れたことである。限界集落化する里山と農林漁業に深刻な打撃与えるシカ・イノシシの獣害問題、また絶滅危惧種と揶揄されるまで衰亡した猟師の実態を知った。1000年間、自然との共生関係によって伝統を繋いできた京都でシカ・イノシシ肉の流通モデルをリノベーションし、伝統獣肉として真の価値を広め、里山地域と狩猟の持続可能性を高めるため現在奮闘中。〔兵田大和〕

詳しくはこちらを;

http://fairplus.doorblog.jp/archives/49911739.html

 

2016.10.04 【NEWS】11月12日開催 第17回ツキイチカフェ「『食物アレルギー』ってかわいそう?」

今回のゲストは、京都で食物アレルギーの子供たちの暮らしの改善に取り組む小谷 智恵さんです。食物アレルギーの子供たちの状況や問題解決に向けた現在の取り組みなどについてお聞きしたいと思います。詳しくはこちらを、

http://fairplus.doorblog.jp/archives/49667113.html

2016.07.21 【NEWS】7/27 – 8/2 高島屋京都洛西店に出店致します。

フェア・プラスは7月27日(水)~8月2日(火)高島屋洛西店に出店いたします。

新作Cradle Cradleのアバカ製バッグ&アクセサリー、クラッチバッグ、また糸のじゅえりぃを、1階婦人雑貨売り場にブース出店して、販売致します。

涼しげなマクラメ編みのアバカ製バッグで、猛暑の夏を乗り切っては如何でしょう?!フェア・プラスのスタッフが期間中常駐しておりますので、気軽にお声がけ下さい。

https://www.takashimaya.co.jp/rakusai/

1 / 812345...最後 »

CATEGORIES